サービス過程
1.カスタマイズ化
お客様へ医療機器を設計し、商品を正確にそして迅速に作り上げる。
2.クラウド‐サービス
逆行のシステム映像のドライブデジタル化により顧客サービスの地域制限を破る。
3.SOP定量化
製品製造をSOP定量化にすることで、気楽に無限に複製できます。
4.精密化
高度な処理法で(SLMとCNC加工処理)、製品の表面の粗さを2umまで達します。
5.無在庫
加工処理を行い、型の在庫の心配もなく、受注を受けてから加工する、在庫処分する必要もなくす。
6.人事単純化
製造にあったて、全てコンピュータによる自動製造、コストを減らすことが出来ます。
7.100%の品質管理
映像により商品の特徴を対照して、最終的に商品のQC(品質管理)を行う。
8.商品を標準化する
生産環境および品質認定システムは全てGMPの認定に合格し、そしてIOS13485の規範に達しています、製品の評価をお客様に提供できる。
技術突破
積層造形(SLM)
SLM処理法はレーザーをあらかじめに敷いた金属粉末に照射して・作業図面に従い・求められるような形になるまで、繰り返しの照射作業を継続する。 SLM処理法はレーザーを使って、粉末を加熱し融点まで達して、完全燃焼にする。その利点は、ほぼ100%の精密度が得る事が出来る。
3DプリンターとCNCを同期処理加工
❶.高度なSLM処理技術は加工軸の制限を突破し、医療器材の曲面の特徴の要求をより一致できる様になる。
❷.デジタルファイルは従来の型に代わって・迅速に生産物へ転送することが出来ます。
❸.同時CNC加工処理は、製品の表面の粗さ2umまで達します。
❹.カスタマイズ化の精密加工は、生産速度を8時間で300PCSに達します。
上級のソフトウェア設計能力
❶.DESIGNソアトウェアを備えている医痩器材と統合して製造に行い、コストを縮小し、製品の品質の精密度を高めます。
❷.ソフトウェアは設計側にある場合、口腔の吸合模擬設計は最適な咬合具合と装着の接触面接の数値の設定を行えます。
❸.映像復元システムを運用し、QC(品質管理)の人員認定のスケジュールを短縮して、そして良質な製品を作り上げることが出来ます。
技術優勢
積層造形(SLM)
Ⓐ:フォーメーション処理法は、第三次産業革命的な優勢を持つ。
Ⓑ:処理法はより柔軟で、設計側に無限な可能性を与える。
Ⓒ:レーザーによる深層溶融構成で、製品の強度を保証できる。
迅速で精密な設計能力
Ⓐ:多重曲面の特徴で画像デ一タを自動処理。
Ⓑ:クラウドコンピューティングを運用して、デジタルセンターによる映像ファイルをイメージしてリアルに再現する。
Ⓒ:光学映像により商品の特徴を対照して、最終的に商品のQC(品質管理)を行う。
CNC処理加工
Ⓐ:SLMおよびCNC加工処理とのコンピネーションは、一般的にSLM製品の表面精密度を大幅にアップし ます。(Ra数値は≦2um)
Ⓑ:材質はコバルト-クロムに(Co-Cr)の 金属粉末(粒度2Oum)に設定します。